home > news/blog

shopping

ニュース/ブログ

キッズレッスン〜寺子屋ボランティア

7月 9th, 2015 Posted in diary, news/blog, フラワーレッスン | No Comments »

2015-07-04 11.33.52
先週の土曜日、板橋区内のとある小学校にて
1年生〜6年生+大人数名の計25名ほどで
フラワーアレンジのレッスンを行いました。

声をかけて頂いた時は、
「小学生って何が出来て何が出来ないんだろう?」
「どんな事に興味を持つのかな〜??」
と、頭の中は
「?????????」
こ〜んな感じだったのですが(笑)

みんな2時間みっちり集中して
大作を作り上げていました(*^_^*)

IMGP6313
(みんなのイメージが湧きやすいようにと、見本のアレンジを作って行きました)

子どもたちは、到着するやいなや、
アレンジメントを見ては
「マジかわいいんですけど〜」とか、
「えっ、もしかして本物でやるの?!」
とか、興味津々(*^_^*)

まずは、牛乳パックでオリジナルの花器づくりからスタート!
絵を書いたり工作したりが苦手な私は、
頭を悩ませ、ここに3〜40分ほど時間がかかりましたが^^;
小学生は15分の間に様々なオリジナリティを発揮し
素敵な花器を作り上げていました。
子どもの発想力って本当に素晴らしい!!

そして盛り上がったのは、
「オアシス給水体験」
大人も”ウォ〜、これ面白いね!”と話してましたよ(*^_^*)

子ども達が飽きないように!
時間配分も考え、興味をもたせよう〜と、
ひまわりクイズ〜!とか出してみたものの、
みんな目の前のお花に早く触りたくて、アレンジ作りたくてウズウズ♪
ほんと、感情がそのまま表に出る子ども達、かわいかったです♡

私なりに考えた手順、
アレンジをつくる上で、それぞれのお花の役割など
いろいろあったのだけれど、、
ひまわりを挿してもらった瞬間、
「みんな出来る!!!」と確信^^☆

レッスン目標を①お花に興味を持ってもらうこと
②表現する楽しさを存分に味わって欲しい
と設定していたこともあり、
私は、当初の細々とした計画を捨て、みんなの”やりたい事”を実現させるべく
サポートに回ることにしました〜

2015-07-04 13.20.34
(うちの娘の作品♪パパと一緒に作りましたよ〜)

大人は、「ほら見本見て!これは横に出すぎだよ〜」などなど
声をかけていましたが、子どもはそんなのどこ吹く風(^^♪
迷いなくスパスパっと挿していくのです。
”迷いがない”アレンジは、見る人の心を掴みます★
私も思わず「これがあなたなのね!素敵ね〜」
と、声をかけていました^^

今まで大人を対象にレッスンをしてきましたが、
質問を受けると「この花、ここに挿すのはおかしいですよね?」
「本当はここにこの花を入れたかったんだけど、
◯◯で△△だから・・・」と。

子どもは違います!
「先生!ここにこの花どうしても入れたいの!」
「ボクのアレンジにはりんごは必要ないんだ!だから返すよ」
「アイビーはこういう風にアーチにしたいの!」(←アーチに使うとは説明もしてないのに)
「この色は目立たせたくないからどうやって隠したらいい?」
もちろん、質問にも迷いがない。
手を添え一緒に挿したり、難しい場所は子ども達に断って代わりに挿したりと
子どもの意志、表現をなるべく尊重するよう意識してサポートしました。

レッスン中の私、
今思えばフラワーデザイナーとかではなく、
バリバリのソーシャルワーカーでした(笑)
(帰宅後まとめた振り返りも、デイケア記録みたいになってたな。。)

2015-07-04 11.40.11
(どうだ!私のアレンジ、素敵でしょ♡と誇らしげな我が娘)

そして、出来上がるとみんな自分の作品を褒める誉める^^
「先生、これかわいいでしょ♡」と。

子どものイマジネーション、言動から
私も忘れていた大切なことに気づき、
沢山学びを得ました。
ありがとう♡

そして、せっかくの体験をやりっぱなしにしてしまわないために!
最後に感想を書いてもらいましたが、
みんなでシェアしたり、作品をお互いに見る時間を取ることが
出来ずにとっても残念。。

今回、
ボランティアだから、、
子ども相手だから、、
と、子ども騙しのデザイン、花材選び、作品作り、時間にはしたくなかった!
バカみたいに時間とエネルギーを費やし、
私なりに真剣に向き合ったこのイベント。
本気でぶつかったからこそ、子ども達も本気で返してくれたんだな〜
と、終了後痛切に感じました。
反省すること、改善点も多々ですが、こんなに有意義で楽しい時間を
また是非体験したい★と次回に向け(まだ話はありませんが 笑)
意欲を燃やしているところです。

心地よい集団の力動を感じながら、
このイベントを無事に終えることが出来たのは、
ボランティアスタッフの皆様のサポートがあってのこと。
そして、長年作って来られた会の雰囲気、
土台があってのこと!
私の気が回らない所にササッと動いて下さり、
声をかけて下さり、注意を向けてくださったり、
本当に暖かくサポートして下さりありがとうございました。

そして、未経験だった子どもへのレッスンについて助言を下さった
関西で花育教室を開催されているMasamiさん、ありがとうございました♡

我が家に持ち帰った娘の作品を眺めながら、
子ども達はどんな風にお花と触れ合ってるかな〜
と、想像したりしています。

Comments are closed.