home > news/blog

shopping

ニュース/ブログ

お花の楽しみ方 〜お花ってどれくらいもつの?

4月 23rd, 2019 Posted in diary, news/blog, お花を楽しむヒント, フラワーレッスン | No Comments »

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
花あそびから1週間が経ち、
傷んだお花から少しずつ片付けをされた頃かと思います。

よく、「お花はどれくらいもちますか?」と質問されますが、
なかなかはっきりとこたえられません。

なぜかというと、
どこに飾るのか、
お部屋の環境がどうか
お花の種類によっても差があるからです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
光に当たるお花はキラキラとし、
より一層お部屋を明るくしてくれるので日の当たる場所へ飾りたくなりますよね。

でもね、
切り花の場合、直射日光はお花を傷める原因になってしまいます。
お野菜を冷蔵庫にしまい忘れてクタッとさせてしまった状態、と同じなんです。
(そんな経験、みんなした事ないかも?笑)

直射日光の当たらない、涼しく、風通しの良い場所がベストです☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
とは言っても、日中仕事をしているとお部屋は一日中締め切った状態。
マンションは気密性も高いため、これからの季節帰宅すると蒸し風呂状態、
なんてこともありますよね。

そこで私の提案は、
光が差し込まず涼しい場所を探して飾る事をオススメしたいと思います。

おそらく、「玄関」「洗面所」「トイレ」などではないでしょうか?

家の中で涼しい場所というだけでなく、
1日の温度変化が少ないので、生花には優しい環境と言えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちなみに、我が家では花あそびの度に2つ作品が出来上がるので、
一つは朝日の入る東向きのリビングへ、
もう一つは玄関へ飾ります。

さて、質問です!
どちらのお花が長持ちすると思いますか?








それは、もちろん「玄関」に飾ったお花!ですよね。

では、次の質問。
お花の色(発色)はどちらに飾ったお花がいいでしょうか?








答えは、「リビング」に飾った方のお花です。

そう、やっぱり適度な光も必要だという事なんですね。
そして、リビングに飾るといつも誰かの目に触れる。
生活を共にするからか、お花たちがイキイキとしているように感じられます。

そんな特徴を考慮して、
お花を長く楽しみたいのであれば、玄関などの陽の当たりづらい場所へ、
いつも眺めていたいなぁという方は、
外出するときだけ涼しい場所にちょっと移動させておき、在宅の時はリビングで楽しむ♬
というのもいいのではないでしょうか。
ちょっとした一手間で変わってくるものですよ^^

IMGP5955
ちなみに、イースターのアレンジはリビングに飾って楽しみ、
今日お片づけしました。
ガーベラやブプレ、スノーボールの一部はまだ楽しめそうです。
ギリアレプタンサの蕾も咲き始め、
シリンダーの花器にいけ直したり、リースアレンジに付け足したりして
もう少し我が家の一員で頑張ってくれそうです♬

IMGP5974
アレンジに使ったBOXは、こんな風に小物とお花を入れて飾っています。
お花を楽しんだ後も、みんなの工夫とアイデアで!
色々と楽しんでみてくださいね^^

Comments are closed.