home > news/blog

shopping

ニュース/ブログ

”6月, 2010”のエントリーを表示しています。

たっぷりヒマワリのアレンジ

6月 30th, 2010 Posted in diary, news/blog, アレンジメント(生花), 季節のアレンジメント(毎月お届け便) | No Comments »

IMGP9122
毎月お届けしている季節のアレンジメント。
気温も上がり、日差しも強くなり・・・
夏も間近☆
ということで、今月はひまわりをたっぷりと使ったアレンジメントをお作りしました。

IMGP9123
今回使用したひまわりは2種。
黄色い方が「モネ」
爽やかで透き通るような清涼感のある黄色と
中心部分のモシャモシャした花びらが特徴です。

茶色のひまわりは「チョコフレーク」
濃い茶のものや黄色みがかった花びらがとっても繊細。

ひまわりにも沢山の種類があり、色合い、花びらのつき方、
中心部分の色、大きさなどなど結構違っていて個性的なんですよ〜

IMGP9126
この時期、どうしてもお花の保ちが悪くなってしまうので、、
暑さに強いお花もミックスするようにしています。

この薄紫の上品なデンファレは「シャネル」
通常のものより若干小振りでスッとした印象。
名前のせいか、他のデンファレより高級感があるような?!

IMGP9132
ひまわりはナチュラルな雰囲気がとっても似合うお花だと
個人的には思っているのですが、
いつもの紙の花器ではなんとなく雰囲気出ないなぁ・・・
と、ろう引きの袋でちょっとオメカシしてみる事にしました。
”バスケット風”のナチュラル感は表現出来たでしょうか??

太陽の日差しのような強さではなく、気持ちいいそよ風のような
優しく爽やかな一時を運んでくれる事でしょう♪

クレマチスの丘 〜その5〜

6月 25th, 2010 Posted in diary, flowers, news/blog | No Comments »

R0011679R0011687
R0011776R00116921R0011690
さてさて、5回にわたってご紹介して来た「クレマチスの丘」
どれだけ沢山の植物があり、広大な敷地か・・・
少しはお伝え出来たでしょうか?

クレマチスの脇に咲く小さな草花がとってもかわいく、
いつの間にかメインのお花より、足下に咲く草花を探しながら園内を歩いていました。

とっても小さく、そして可憐で・・・
見過ごしてしまいそうではありますが、メインを引き立て、周りの花たちと調和し、
きちんと役割を果たしているところが凄いなぁ〜と
さりげない存在感に感心してしまいます。

R00116711R0011678R0011705R0011800
R0011721R0011735R00117501R0011829
シレネ             ルー         ?            パンジー
R0011756R0011766R0011769R0011844
シモツケソウ         ダリア        チャイブ      カシワバアジサイ
R0011773R0011783R00117871R0011849
セントーレア         ?       チョコレートコスモス    アスチルベ

R0011780
おっと〜
コレは何??
R0011781
その正体は「オリエンタルポピー」でした。
お花が散った後もクッキリ花形でその存在をアピール♪
ハンコみたいでかわいい♡

R0011845
ビョ〜ンと伸びたコチラの花は「アリウム」
一輪だけでちょっと寂しげだけど、なんか笑えます〜
葱坊主を思わせるこのお花は、もちろんネギ属。
茎をカットすると葱の香りが・・・するんですよぉ

今頃はどんなお花が咲いているんだろう?
季節ごとに訪れたくなる場所でした。

お出かけの際は、時間にゆとりを持ってたぁ〜っぷりと
お楽しみ下さいね。
長々とお付き合いありがとうございましたー!!

クレマチスの丘 〜その4〜

6月 23rd, 2010 Posted in diary, flowers, news/blog | No Comments »

R0011757
ちょっと忘れかけておりましたが・・・
「クレマチスの丘」シリーズもいよいよ最終回。
取りを飾るのはー
様々なグリーンや小花たち。

色や形、テクスチャーの違うグリーンだけが並んでいるだけで
お花に負けないくらい絵になります。

R0011664
中でも一番多く目にしたのは「ギボウシ」
雨の雫が似合いそうな葉っぱですね。

R00116831
グリーンの芝生の上に金色の光を放ち、ひと際目立っていた
この黄色い葉。
名前が分からないのが残念。

「クレマチスの丘」はとっても素敵な場所で、様々なお花やグリーン
そして空間を楽しめるのに、植物の名前が記入されていないのが
ちょっと残念なところです。
ネームカードがあった!!
と思っても箇条書き。。
写真と照らし合わせながら名前を確認出来るともっと楽しめるのになぁ〜

R0011734
こちらは「ラムズイヤー」
ちょうど紫のお花が咲いていました。
フェルト生地のようなシルバーリーフが特徴です。

R0011853
「ホルジューム」が集まりシルバーの光を放っています。
とっても涼しげ。
お隣のセダムも小さなお花をつけ可愛らしいですね♡

R0011840R0011838R0011765
R0011723R0011689

立派な「入才」がカッコイイ★
「モミ」と「レモンリーフ」に赤紫のクレマチスという色のコントラストも面白いですね〜

R0011857
そして、とっても印象的だったこのショップ入り口。
どうなってるのー??
と立ち止まってじっくり見せていただきました。

R0011855
本当に素敵です♥
夏場はお花も持たないし、グリーンアレンジメントを
お部屋に飾るのも涼しげで素敵だな〜
自宅用にお遊びで作ってみようっと♪

おぉーっと!
この調子でご紹介していたら今日が最終回にならないかも、、(汗)
ということで、小花編は次回につづく・・・ことに。
もう少しお付き合い願いま〜す♪

プリザーブドアレンジ

6月 22nd, 2010 Posted in diary, news/blog, プリザーブドフラワー | No Comments »

IMGP9083
黄色とオレンジを基調にお作りした
プリザーブドフラワーのアレンジメント。

季節柄でしょうか?
皆さん明るいお色目や黄色、オレンジなどの元気の出るカラーを
オーダーいただくことが多くなってきました。

しかし、最近の暑さと湿気には参りますね。
お花もあっという間に開き、ちょっと閉め切った状態にしておくと
蒸れて変色したり、グッタリとしてしまい可哀想。。

生花の保ちが悪くなるこれからの時期、より生花の風合いに近い
プリザーブドフラワーをお楽しみいただけたらと思います。

プリザーブド壁掛アレンジ

6月 20th, 2010 Posted in diary, news/blog, プリザーブドフラワー | No Comments »

IMGP9100
こちらは、先日ご注文いただいた
「プリザーブドフラワーの壁掛けアレンジ」です。

こちらのお写真を見てご注文いただきました。

前回と同じフレームを使用しましたが、中に入るお花の色合いで
雰囲気ががらっと変わりますね。

IMGP9120
メインは黄色の大きなバラ。
その他、トーンの違う黄色やオレンジ、グリーンなどカラフルなバラを
たっぷりいれ、カラーやシンビジウム、平咲きのバラ等をお入れしました。

IMGP9117
今にも溢れ出してきそうなお花たち。
ついつい色んな角度から写真を撮りたくなります。。

カラフルな色合いでお部屋も気分も明るく爽快に♪

IMGP9115
壁にかけるとどんな感じかなぁ??
と、自宅にてシュミレーションしてみました。

周りに敷き詰めたモスがフレームとお花の調和をとり
グッと引き締まった感じになります。

ワイヤープランツをアクセントに、
のっぺりしてしまいそうな表面が立体的に、そして自然な感じに仕上がります。

35㎝程のフレームに大量のお花。
かなりの迫力です!
ただ、この大きさのフレームは茶色しか販売されていないのが難点。。
最近では様々な種類のフレームが出て来たものの、
もっとバリエーションを増やしてもらえたらなぁ〜と期待してしまいます。

ビタミンカラーのフラワーリース

6月 19th, 2010 Posted in diary, news/blog, アーティフィシャルフラワー | No Comments »

IMGP89811
昨日のスタンド花と一緒にお届けしたアートフラワーのリースです。

こちらも、やはり”ビタミンカラー”で!というご注文。
クリニックの中は、オレンジと黄色の花で彩られている事でしょう☆

ブルー系の色合いでお作りしたアートフラワーのリースをご覧いただき、
同じような雰囲気でご注文いただきました。

ご依頼主さまもクリニックにお勤めなのですが、オープン当初の
頂き物の中で、アートフラワーのアレンジメントが一番重宝したそうです。
生花の良さ、観葉植物のよさ、アートフラワーやプリザーブドフラワーのよさ、
それぞれ特徴があり、ニーズに合わせてプレゼントされると喜ばれそうですね★

さてさて、花材は何にしようか??
IMGP8973
この時期、店頭に並ぶお花たちは、やはり南国風のお花やひまわりたち。
でも、季節感が出過ぎて飾る時期を選んでしまいますよね、、

そこでまずお選びしたのは「ダリア」。
大きめのダリアの淡い色合いがご希望のカラーイメージにぴったりだと
思い一番初めに決めました♪

IMGP8974
そしてクリーム&グリーンのお花は「ユーチャリス」
品があって個人的に好きなお花です。
ちなみに、黄色のお花は「ネリネ」。
2つとも同じユリ科と思いきや、ユーチャリスはヒガンバナ科のお花なんですね。
ちなみに、ギリシャ語で”大変目を引く”という意味を持つそうですよ。

IMGP8975
「カラー」の横にちょこんと丸い顔を出しているのは「ラナンキュラス」
小さいアジサイみたいなお花は「ライラック」です。
生花のように香りがしないのが残念ですが、風合いでは負けてない!?

IMGP8979
その他にも「ガーベラ」に「バラ」「マム」・・・と沢山の種類のお花お楽しみいただけます。
白く縁取りされグリーンの葉が可愛らしいお花は「ユーフォルビア」
「クレマチスの丘」で影響されブルーのクレマチスをアクセントで入れてみました。

ビタミンカラーで元気いっぱい☆な雰囲気に上品さをプラスして
華やかなリースが出来上がりました。
今頃は、どこに飾られているのかな?
訪れる方々を明るく元気に迎えてくれている事でしょう。

爽やかな色合いのスタンド花

6月 18th, 2010 Posted in diary, news/blog, スタンド花 | No Comments »


IMGP9071
昨日ご紹介した花材たちでお作りしたスタンド花。
今朝お届けしてきました♪

こちら、162㎝の私の身長程の大きさ。
車に乗せてみると・・・
おぉーっと!!
ギリギリすぎて試行錯誤。
横幅も座席シート2つ分を陣取ってしまいます。。
スタンド花配達の時程、車高の高い車が欲しいぃぃぃ!!
と願う事はありません。

IMGP9033
冷房を効かせた部屋で大事に管理された芍薬の蕾は、
なんとかいい子で一日を過ごしてくれたようです。。
中咲きのものとミックスしたので、早咲きのものがダメになる頃、
蕾がいい感じに花開く事でしょう。

実は同じ方から4月にも花束のオーダーをいただいたのですが、
今回は、個人へという事ではなくクリニック開院のお祝いという事ですので、
華やかさは表現しながらも、訪れる方々に和んでいただけるような
優しい色合いとシェイプで空間に馴染むようにお作りしてみました。

IMGP9048
そして前回はうっかり、、無芳香のお花ばかりでしたので、
今回は、優しく香るお花を少し入れることにしました。
顔を近づけると、マリーゴールドの柑橘系の爽やかな香りや
芍薬の甘く上品な香りがお楽しみいただけます。

鈴なりのサンダーソニアが可愛いですね♡
夜空を舞う蛍のようです。

IMGP90301
実り多い益々のご発展をお祝いしたく、フレッシュな”実”をつけた
サンキライをリースのようにグルッと巻き、花器に沿うように入れてみました。
ナチュラルな雰囲気は、アイアンのコーンスタンドとマッチします☆

R0011884
お届け先でパチリ☆
お写真を撮らせていただきました。

ちょっとマッチし過ぎ??でしょうか。
というのも、、
驚いた事に、届いたお花が全てイエロー×オレンジ系だったのです!!
先生はいつも黄色やオレンジの洋服を着ていらっしゃる訳でもなく、
持ち物がそうだという訳でもなく・・・
でも、みんなが同じ雰囲気を感じ取っているという事ですよね。
不・思・議・・・です。

内装にも所々黄色が使われており、広々とした空間は暖色系の色合いで
先生のお人柄のように、優しくぬくもりが感じられました。

その場にいるだけでこころ和む空間。
相談事がなくてもちょっと立ち寄ってしまいそうです(笑)

もう一つ一緒にお届けしたお花は、また明日ご紹介します★

瑞々しく涼やかなお花たち

6月 17th, 2010 Posted in diary, flowers, news/blog | No Comments »

梅雨のジメジメ感が残りつつ・・・
一気に夏が来たような。。
お花も私も悲鳴をあげています!!!

さてさて、今日はちょっと気持ちを切り替えて
涼しげなお花たちでも見ていって下さーい☆

IMGP8995
明日お届けするアレンジメントのために仕入れたお花たちです。

お届け先のイメージ&季節柄!?”ビタミンカラー”がいいかなぁ〜
と言うことになり、今回はこの子たちを選んでみました。

まずは「グロリオサ」
この時に赤いグロリオサをご紹介しましたが、今回はイエローです★
”ビタミンカラー”といえど、ドギツクではなく、爽やかで上品な感じに
したかったのでこの方は外せません!
ただ、どうしていつも”赤だけの日”とか”黄色だけの日”になっちゃうのか??
ミックスして置いといて欲しいなぁ〜と思う今日この頃。
とりあえず、この日は”黄色の日”だったようでラッキー♪

IMGP9001
そしてお次ぎは「クルクマ」ちゃん♡
ホワイトは1点しかなく、即決→即買いです!!
IMGP9002
中の方にチラッと見える紫の小花が可愛く素敵ではありませんか〜

IMGP9003
続きましてー「芍薬」です。
蕾がだいぶほぐれてきましたが・・・
IMGP9036
水あげから数時間でこ〜んなに開いてしまいました。
「あら、きれい♪」なんて言ってる場合ではなく、
もう少しゆっくり咲いてちょーだい!!!と
なだめすかしながら残りの蕾の開花コントロール中。

IMGP9000
そして、こちらは「サンダーソニア」です。
かわいいオレンジのお花が鈴なりに咲き、とても軽やかです。

IMGP9006
季節柄、どうしても買ってしまう「アジサイ」
あえて、ビタミンカラーから色を外してみました。
何とも言えない上品な藤色がとても涼やかです。

IMGP9009
これぞビタミンカラー!「マリーゴールド」の登場です。
芍薬に負けない程の大輪です。
一見地味なお花だけど、とってもいい香りで、茎は繊細ですが、とっても強いお花です。
黄色とオレンジで迷ったあげく、黄色をチョイス☆
あぁ〜いい香り♪
何度も顔を近づけてしまいます。。

IMGP9011
そして、皆さんよくご存知の「サンキライ」
冬場、赤い実を付けたサンキライをクリスマスリースにつけたり
しますが、この時期のものもフレッシュな感じで爽やかですよね。
実がついたものが欲しくて選んでみました。

さぁ〜て、この子たちが集まってどんなアレンジができるのか??
お楽しみに★

クレマチスの丘 〜その3〜

6月 15th, 2010 Posted in diary, flowers, news/blog | No Comments »

R0011660
第三段は、バラ編です☆

ちょうどバラの季節だということもあり、クレマチスに負けないくらい
沢山のバラが咲き乱れていました。

R0011666
どこからかバラの香りがするなぁ〜と
上を見上げるとこぼれ落ちてきそうなバラが☆

R0011824
スプレー咲きのバラがカーテンのように一面を埋め尽くしている光景には、
誰もが足を止め息をのんでしまう程。

R0011798
あま〜い香りが漂ってきそうでしょ?

R0011835
このトピアリーがバラで満開になる姿を見てみたかったなぁ〜

手入れの行き届いた園内は、花の咲く時期や色合い、
グリーンや小花との相性などきちんと計算されて育てられているのだなと
実感することができます。
だからこそ、”作られた感じ”ではなく、とっても”ナチュラル”なのです。
人と空間、自然、彫刻、建物、全て個性的なのに何故か一体感を感じる。
心地よい刺激を受けながら、癒しも十分に味わえる素敵な場所です。

また行きたいなぁ〜♡

次回は、野草やグリーンなど脇役たちのご紹介です。

↓ クレマチスの丘に咲くバラをご覧になりたい方は、コチラからどうぞ〜
Read the rest of this entry »

クレマチスの丘  〜その2〜

6月 13th, 2010 Posted in diary, flowers, news/blog | No Comments »

R0011749

「クレマチスの丘」第2段は、やっぱりメインとなる「クレマチス」です。

つる状に伸びるしなやかな茎、そして魅惑的な形状と色合い。
きっと誰しもが一瞬にしてこの魅力に引き込まれてしまうはず。

R0011669

大輪で八重咲きのものは、芍薬やバラを思わせるような優雅さがあります。

R0011699

こちらは「マルモリ」という名前。
その横に写っている小さな方は「プリンセス・ダイアナ」
ダイアナ妃のお名前は、あちらこちらでお見かけしますね〜

R0011706

「ミニセーリック」透明感がありとっても爽やかです。

園内には、沢山のクレマチスとともに、珍しく可愛らしい草花や
グリーンも楽しむことができます。
色合わせ、花合わせの勉強にもなりますよ★
R0011821
大きくきれいに咲いたクレマチスは・・・

R0011820
花びらが落ちるとこんな状態に。
これはこれで面白いですよね〜

R0011851
そして更なる変化を遂げ。。
不思議な光沢を放つシードになります。

ちなみに、市場にもこの状態で売られているんですよ!
ツルンとした手触りが気持ちよく、小さいながらも
存在感を発揮してくれます☆
花がなくなった後も魅惑的だなんて。。
貫き通しますねぇー

写真の整理をしつつ、改めてクレマチスを眺めていると、
花弁の枚数や、芯の部分、色合い、形など全てに特色があり
とっても個性的。
人気があるのが分かります。

頑張って写真を整理しましたので。。
↓ 様々な種類のクレマチスをご覧になりたい方はコチラからどうぞ♪
Read the rest of this entry »